種入りのマーマレードはパパの味

 
  ノーワックスの夏みかんが手に入ったのでマーマレードを作ってみました。
10年ほど前までは庭の隅に、夏みかんの木があり、毎年2月になると、数十個の実が収穫でき、
そのうち10個ほどをマーマレードに加工していました。
 しかし木があまりにも大きくなり過ぎ、隣家にも迷惑をかけるようになったので、止む無く伐採しました。
それ以来、夏ミカン(ノーワックスのもの)が手に入らなくなり、マーマレード作りはいつのまに忘れてしまいました。
 最近、近所にJAの即売所ができ、先日買い物に行ったところ、地元の夏みかん(ノーワックス)が手にはいりました。さっそく、マーマレードを作ってみました。

新鮮な夏みかん4ヶ入りの袋。(一袋160円、JA田奈「めぐみの里」にて)
画像


実と皮を切り分けました。
画像


実は袋の上に包丁を入れて、実を取り出します。
画像


全てのみかんの袋から実を取り出し、皮(もちろん皮も大事な素材です。捨ててはいけません、全部使いきります。)は薄くスライスしました。むろん、袋と種は捨てます。
画像


鍋に入れました。ミカンの皮と実の重さと同量、今回はミカン4個分約600Gですから、砂糖600Gを入れて混ぜあわせました。
私はやや苦味の風味あるマ-マレードが好きなので、皮はアクヌキせず、そのまま煮てしまいます。お子さんがいる家庭や、苦味の苦手な方は、煮る前に、皮だけ、1ないし2度、沸騰した湯に20秒ほど入れてアクヌキをするとよいでしょう。
画像


中火で約10分、煮たところです。砂糖の浸透圧で、実の細胞が壊れ、水分がいっぱいでてきました。その水分が沸騰して、ブクブク気泡となって出てきます。
画像


更に、ヘラで時々かき混ぜながら、約30分、煮詰めました。水分もだいぶ少なくなってきました。それにあわせて全体に透明になってきて、粘りもでてきました。
画像


全体に粘りがでてきたら、出来上がり。そのまま自然に冷めるのを待ちます。
一部を取り出してみました。おいしくできました。夏みかんの実と、皮、砂糖だけからなるマ-マレードです。
画像



500G入りの瓶、一つが一杯に、もう一つが七分目の量になりました。前者は、煮沸して、冷やしてから冷凍庫で保存、4月ころから食べ始めます。
 トーストにのせるとおいしい。またプレーンヨーグルトといっしょに食べても美味です。

             種入りのマーマレードはパパの味

自家製のマーマレードには、取り忘れた種がときおり入っています。これも自家製ならでは思っています。
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

初めての書き込みすごく迷いましたが、沢山のこと今まで抑え込んで来てこれ以上抑えこんでたら壊れてしまいそうで…勇気出してみました(*ノ∀`*)

書き込みしたのも、青葉太郎さんのブログに励まされたからなんですよ(o≧▽゚)o
自分を責めるのが癖になっていたんですけどそんな事を続けていても良い事なんてない何もないまま時間が過ぎちゃう…。
そんなの勿体ないと思えたんです(`▽´)

だから私の背中を押してくれた青葉太郎さんと話してみたいです(;≧∇≦)

maki2.co@i.softbank.jp(@は小文字にしてください)

迷いながらも少しお時間いただけたらと書き残しておきます。楽しみに待ってます!

この記事へのトラックバック