箱根十国峠~二宮吾妻山(14/1/24,25)

箱根十国峠~二宮吾妻山(14/1/24,25)

 冬の最中ですが、日溜りハイクと温泉(一泊)の小旅行をしました。二日とも西の風が強いものの、うす曇でまずまずのハイク日和でした。

1/24(金)
 青葉台、中央林間、相模大野、小田原、熱海と鉄道を乗り継ぎ、熱海発箱根行きのバスに乗り、十国峠ケーブカー乗り場で下車、さっそくケーブルで峠頂上へ。体ごと吹き飛ばされそうな強風。
 駅舎のなかで、熱海駅で買ってきた駅弁(こゆるぎ弁当)を食べる。

味・ボリュームとも秀逸の熱海駅駅弁(こゆるぎ弁当)
画像

人気商品だけあって、味・ボリュームともに満足。つめたくてもこんなに美味しい駅弁はめったにないと思う。全国レベルのお弁当←むろん私見。100点満点の弁当、@980円)

 午後12時半ころ、峠から来宮駅への道を下り始める。

画像


画像

画像


十国峠ケーブル 頂上駅周辺です。草地が広がっていて開放感があります。
画像


頂上からの尾根道。来宮に向けて南下。目の前に相模湾が広がります。
画像


この尾根筋の道は遠く鎌倉時代から使われていたようです。道筋には石仏が置かれていました。
画像


遠く熱海市街を望む
画像


アオキの実が色づいてきれいでした。
画像


熱海市西山町まで下りてきました。白梅が美しい。
画像


西山町には、斜面に立派な日本家屋、家並みが続きます。ふだんの買い物等は不便そうですが、見晴らし、静寂さは抜群です。
画像


歌人佐々木信綱の旧居です。
画像


赤いポストが現役です。
画像


町のあちこちに源泉があるようです。
画像


来宮神社の下に出てきました。
画像


東海道線の下、年代を感じるトンネルです。丹那トンネルが完成時(1923ころ)に造ったもの思われます。
画像


二宮駅でホテルからの送迎バスにのって宿へ。
宿は熱海から伊豆スカイラインへ通ずる途中にあります。部屋、食事(私たちの場合は和・洋・中のバイキング。全て味はよい。)、眺望いずれもすばらしく、一泊7300円と格安。大満足の宿でした。(熱海・森の温泉ホテル)。また泊まりたいですね。
画像
男性用露天風呂。目の前は山。

部屋(洋室、白壁のシンプルな室内)
画像



1/25 (土)

 朝10時の宿の送迎バスで熱海駅に送ってもらう。JRで二宮まで行き、駅前にある吾妻山の菜の花を見てきました。頂上付近には早咲きの菜の花が満開。富士山を背景にすばらしい景色が広がりました。
画像


画像


菜の花の前には人がいっぱい。富士山とのコラボを楽しんでいるようです。
画像

花は8分咲き?
画像







 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック